Q.WoL Experience Site 体験サイト

Q.WoLは、お客様が働く環境の中で、
人と人、ヒトとモノをより快適に連携できる環境を
目指した新しいユーザーインターフェース群です。

INTERFACE

Q.WoLが提供するインターフェース

  • Q.WoL・Talk

    LINE WORKSなどのチャットアプリからAIBotとのチャットを通じてコミュニケーションをすることで状況等を確認、設定の変更をすることができます。

    今すぐ体験する
  • Q.WoL・Touch

    QRコード等からスマートフォン用のウェブサイトを使って、機器の操作や設定を変更することができます。

    今すぐ体験する
  • Q.WoL・Eye

    ARマーカーからARを使用したUIを表示し見ている機器の状況等を拡張現実として確認することができ、設定を変更することができます

    今すぐ体験する

MERIT

Q.WoLご利用のメリット

Q.WoLを活用することでこれまでの働き方が大きく変わります。それによって経営上の様々な課題を解決することができます。
以下では、ご利用の際の利点に関して幾つかご紹介させていただきます。

メリット1生産性の向上に

現場に駆け付けることなく、デスクワークの際はお手元のPCから、移動中、出先の場合はお手持ちのスマートフォンから機器の状態の確認、操作ができるため直ぐに対応が可能となります。課題発生から即対応ができるため作業時間も短縮でき、生産性の向上が見込まれます。

  • お手元のPC、スマートフォンからすぐにご利用可能
  • ご利用の端末から操作できるため、現場に行く必要がない
  • 複数の端末からも機器の操作ができる
生産性の向上に

これまでの様に現場に行く必要はありません

メリット2衛生的で感染予防対策に

お手元のスマートフォンや普段ご利用のPCからご利用可能で、非接触で機器を操作することができるため、これまでのように複数人が同じパネルを共有することがありません。
そのため、衛生的で感染のリスクを減らすことができ、職場内での感染症対策として役立ちます。感染予防対策となるため、職場内でのクラスター発生を減少させ、安定した労働力を確保することができます。

  • 機器に非接触で操作することができる
  • 感染症のクラスター化リスクを軽減することができる
衛生的で感染予防対策に

これまでの様に壁のスイッチまで行って操作が不要です

メリット3故障頻度を軽減することができコストダウンに

非接触で機器を操作でき、操作パネルを直接触る必要がないため、機器の破損や故障の頻度を軽減することができ、経済的です。また、作業する場所毎に操作パネルを用意する必要がなく、一つの機器を既存の複数の端末から操作することができるため、導入機器を減らすことができます。

  • 機器の破損や故障頻度を軽減することができる
  • 操作パネル等の導入機器を減らすことができる
故障頻度を軽減することができコストダウンに

これからは機械や現場の傍で作業ができます

SCENE

Q.WoLの利用シーン

Q.WoLの代表的な利用シーンをご紹介します。

デスクワークを行っている際には

PCでデスクワーク等を行っている際にはQ.WoL・Talkを活用することで生産性の向上が見込まれます。
通常のデスクワークを行いながら、普段ご利用のLINE WORKSなどのビジネスチャットで人とチャットを行うのと同じようにBotに話しかけるだけで、機器に様々な確認、指示を行うことができます。
また、上司や同僚をチャットに招待すれば、同時に情報が共有でき、報告漏れや、共有の時間も短縮することが可能です。

詳細はこちら

動きながら作業を行っている際には

工場などで動きながら作業を行っている際や、壇上でプレゼンなどを行っている場合はQ.WoL・Touchのご利用がお勧めです。
スマートフォンからすぐに操作ができるため、現場盤や操作パネルの設置場所に行くことなく、その場で機器の操作が可能です。
また、自分のスマートフォンを利用することができるため、非接触で操作することができ、衛生的で感染防止対策にもなり、破損・故障を防ぐこともでき経済的です。

詳細はこちら