金沢工業大学(KIT)松井くにお研究室 様

2021年度

Creerを活用し、Q.WoL・Talk技術を拡充した、対話型AIチャットBotに関する研究開発

企画開発室では2021(令和3)年度、金沢工業大学(KIT)との産学協同教育「コーオプ教育」を実施し、対話型AIチャットBotを用いたQ.WoL・Talk技術の拡充として「点検・最終退社チェックBot」を研究開発しました。タッグを組んだのは、工学部情報工学科松井くにお教授のゼミ生である須山大輝さん(4年)。AIやIoTと連動することでアナログチェックにありがちな見落としや作業の手間を軽減し、業務支援やDXにも貢献していきます。

開発したBotは、企業向けクラウド型ビジネスチャットツール「LINE WORKS」を活用した技術で、その日最後に退社する作業者が、スマホでBotと対話しながら建物内の施錠や消灯などを確認・実行できるというもの。Botの質問に対し、「はい」「いいえ」の画面プッシュで返答し、Botから「〇〇室のエアコンが稼働しています」などと案内されれば、作業者がその現場に移動して対象機器の電源をオフにします。ひと通りチェックした内容は管理者にもLINE WORKSで同時に共有され、最終的にダッシュボードに一覧表示されます。万一、最終退社後に現場でトラブルが発生しても、アナログであれば曖昧なまま処理されるような事象も、トーク履歴やダッシュボードのチェック状況を確認し、原因を究明して適切に対処できます。

また、当社が独自に構築検証している「Creerプラットフォーム」と連携している点も強みです。現場に設置したセンサーからCreerを経由して、現場の状況を迅速に伝えてくれます。このBotは、最終退社に限らず、機械の設備点検などの場面でも活用することができます。さらに、Creerにアップした日々のチェックデータを元に月報などの報告書を作成し、ダッシュボードで表示できます。

金沢工業大学の松井教授と須山さんに共同研究について振り返っていただきました。

共同研究に参加して、いかがでしたか。

須山さん

大学で学んだことを、実際の現場で形にできる手ごたえと喜びを感じました。操作のシナリオを作る際は、作業者の心理と管理者の目的の両方を達成できるようにするのが大変でした。別川クリエイティブセンターで実証実験を行い、実際に社員の方からご意見をいただいたり、最終退社を管理する総務部へヒヤリングにも行って、項目を精査しました。

松井教授

一つ一つの動作を言葉にしてBotに覚えさせるシナリオは、人間の活動や考え方のパターンを吟味して情報を選ばなければいけないため難しい点ではあります。実証実験で現場の方から評価をいただけて良かったですね。

Creerプラットフォームに対する印象は?

須山さん

多種多様なデータを長期間保存できるので、その現場にいない人もCreerにアクセスすれば情報を受け取り、業務に生かせるのが便利だと思います。

松井教授

最終退社チェックの情報に限らず、Creerに集まったさまざまな情報を組み合わせると、一見関連が無さそうな複数のデータから、実は今まで見えていなかった職場環境の問題点が分かるかもしれません。Creerはそんな面白い発見に導いてくれると思います。

開発したBotに今後どんなことを期待しますか。

須山さん

大学にも導入されたらいいなと思いました。とにかく建物も部屋の数も多いので。

松井教授

それは良い考えですね。いろいろな施設に適応できる柔軟なシステムになってほしいです。今回の最終退社チェックのように「単純だけど大事な作業」をコンピューターに任せることが、DXへの一歩だと思います。

須山さん

機械の定期点検やメンテナンスにも応用できると聞きました。幅広く社会貢献できる開発に携われて、うれしいです。

PROFILE

松井 くにお教授

博士(工学) 金沢工業大学工学部情報工学科

須山 大輝さん

金沢工業大学工学部情報工学科4年